新刊に隠された真実

本を出すことは他人事ではない

大前提として、本を出すことを他人事と考えないことが大事です。私が最初に本を出したのは25歳ですし、実績もそんなにないし、無名でした。でもそこから本を出し、評価を変えてきたのがある意味原点なのですから、今がどういう状況であれ、本を出すことは視野に入れたいです。

今回、企画の話が持ち上がったのは2012年。天才工場の吉田さんと打ち合わせをしていたとき、「横須賀さんの本もプロデュースしよう!」ということになぜかなりゆきでなってしまい、私も一度すべて企画をお任せするのは悪くない、と思ってお願いすることにしました。


私の著者としての限界は1冊で3万部。累計12万部とまあまあ聞こえはいいですが、17冊出してこの数値は、(著者的には)決して褒められた数字ではありません(悪くないんですけど)。

で、なぜこれまでの本がそこまでなのか、ということを吉田さんと打ち合わせしていたとき、いくつか気づきました。私の企画はすべて

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1333

天才塾セミナー情報

  1. 成功事例インタビュー講師:奥田正名氏(税理士/愛知県)セミナーテーマ:税理士・社労士事務所の…
  2. 講師:横須賀輝尚セミナーテーマ:成長戦略2018天才塾主宰、横須賀輝尚によるこれから…
  3. 成功事例インタビュー講師:加藤大吾氏(社労士・行政書士/三重県)プロフィール:1…

最新動画

ページ上部へ戻る