人口減少時代に士業が知っておかなければならないデータ推移

  • 2020年1月31日
  • 人口減少時代に士業が知っておかなければならないデータ推移 はコメントを受け付けていません

横須賀輝尚による士業の未来予測「2030」
人口減少時代に士業が知っておかなければならないデータ推移

2030年まで10年を切ったいま。私に求められている役割のひとつは、「未来予測」だと勝手に感じた。これまでも、「士業の世界を人気業界にする」とか、勝手に暴走し、勝手にこの世界に貢献しようと一心不乱にやってきた。

2007年に天才塾を創設。その後、2000名を超える会員の相談に答え、コンテンツを大量につくってきた。そしていまも変わらずコンテンツをつくり続けているが、士業マーケティングに関するコンテンツは、もう会員には不要だと考えている。もう、GeniusSearchという大量の優良コンテンツがあるのだから、いくら最新版といっても、繰り返し同じことを伝えることもない。

だから、これからは最新性のあるコンテンツを除き、未来について語っていこうと思う。これは、私にとっては大きなリスクでしかない。理由は簡単で、当たれば教祖化できるかもしれないけど、外せばボロカスに言われること間違いないからだ。そして、未来を当てるのは決して簡単なことではない。でも、そのリスクを超えてこそ、コンサルタントの意味があるし、あなたに会員でいてもらう意義がある。

ちなみに、未来予測は上手いほうだと思う。2006年には、「資格起業家になる!」(日本実業出版社)で、士業ビジネスの新しいビジネスモデルを説いていた。これは、表向きには新しいビジネスモデル、という触れ込みだったけど、裏側でいえば、士業ビジネスモデルの終焉を表していた。もちろん、それは表向きには書けないからだ。2006年という早い段階だと思われるかもしれない。

でも、出版が2006年だから、このくらいの予測は2004年にすでに行っていたこと。当時24歳だから、我ながら恐ろしい。このように、未来予測は下手じゃなく、結構当てられると思うので、たかがニュースレターだと考えずに、読み込んで、あなたの頭の中で一緒に未来を考えていってほしい。

ポイントは、2040〜2050年(高齢化したときに、定型業務が厳しくなる)

さて、未来を予測するといっても、何から始めたら良いだろうか。経済サイクルや周期説など様々な予測方法が世の中には存在する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る