地方のアナログ営業戦略

今日は早川周作さんの話です。

これまで相談会やメール相談などで受けることが多かったのが「地方の営業は上からの圧力でできない」というものです。

私は以前は調布市で仕事をしていました。ここはやや地方都市の色があってアナログ営業のやり方に一工夫要りましたが、東京以外はまだまだダイレクトメールが出せないなどの弊害があるようです。

私がやってきたこと(商工会に入るなど)と早川周作さんのアドバイスによると、地方では以下のステップがどうしても必要になってくる、という結論になりました。早川さんは鳥取で衆議院選挙に立候補されたご経験があり、そこから地方のアナログな活動にお詳しいのです。

アナログ営業の手順

アナログ営業の手順ですが、まずは地方にはこういう団体があります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る