行政書士として独立・開業する時に必要な資金

行政書士で独立する場合、開業資金はどれくらい用意すればいいのか?

これは開業を考えている人から受ける質問として、最も多い質問の一つです。これは当たり前のことで、お金のことが気にならない人はいないと思います。ただし、この問いに対する答えはないというのが正直なところです。

行政書士として独立する時に必要な資金は人によって違う

恐らく、こういった質問の背景にあるものは、『いくらぐらい用意しておけば、軌道に乗るまでゆったり耐えられるか』ということなのだと思いますが、少ない資金で成功する人もいれば、多額のお金を用意しても失敗してしまう場合も多いものです。

『いくら用意すれば成功できるか?』という問いには人それぞれとしか答えようがありません。

行政書士開業資金の算出基準

ただし、一つの目安として算出基準をあげるとすれば、月々のランニングコストを計算して、軌道に乗せるまでの期間をかけた額が開業資金と言えます。例えば、毎月生活費や事務所維持に30万円かかる場合、半年で事務所経営を軌道に乗せようと思えば、6ヶ月分として180万円用意すれば良いことになります。半年で毎月30万円以上の売り上げが上がるようになれば、ひとまずは『軌道に乗った』と言えるでしょう。 行政書士に限らず、開業資金については、いくら用意すれば成功できるかという考え方よりは、『何ヶ月で軌道に乗せると決意する』という積極的な思考をした方が成功しやすいといえるでしょう。

ただひとつ言えることは、人間お金があると怠けるということです。お金がなければ頭を使うしかなくなりますので、小資本で成功した人はお金を持っている人よりも大きな努力をした人と言えます。

開業資金ゼロで始めるというやりかた

最後に、行政書士として独立する時の理想型についてお話しておきます。それは、開業時にお客さんがいて、仕事を受注する見込みがあるという状態を作り上げてから独立するということです。自営でやる場合、一番高いハードルはお客さんを集めることですが、そのハードルを独立前にクリアしてしまおうという発想です。このハードルを乗り越えられなければ独立しないぐらいの考えでもいいと思います。

これであれば、失敗のリスクを防ぐことが出来ます。今の経済が苦しい時代、これぐらいの配慮をしてもいいでしょう。別に仕事をしながらとなると、かなり厳しい条件となりますが、これぐらいのことが出来なければ、独立してやっていくことなど、到底不可能です。中途半端に独立して失敗するぐらいならば、これぐらいの厳しさを自分に求めたほうがいいです。そういった覚悟があれば、行政書士として成功することが出来るでしょう。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

メルマガ購読・解除

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1467

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:増井瞳 テーマ:士業のための WordPress&「Genius」解説 内容:いまや使…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る