自分のサービス・商品を決める  (9)市場環境の確認

行政書士として提供する商品が固まったら、次に市場環境の確認を行います。実際に、それを求めているお客さんがいるのかどうか同じようなサービスを提供している強力なライバルが存在するかどうかここが大きなチェックポイントとなります。

実際に、それを求めているお客さんがいるのかどうか

当たり前の話ですが、サービス内容を決めたとしても、そのサービスを望んでいるお客さんがいなければ、売上はゼロです。現実的には、こんな極端なことはありませんが、地域によって受注しやすい業務、そうでない業務というのは存在します。たとえば、外国人居住者が少ない地域で、在留申請の代行業務を行っても意味がありません。

サービス内容を考える段階で、お客さんのことは頭に入ってくるので、大きな間違いはしていないと思いますが、念のために自分が選択した業務に対するお客さんのニーズは確認しておきましょう。ニーズの確認といっても、難しいことをする必要はありません。同じ士業の人間に状況を聞くとか、街の様子を確認するといった程度でも、最初は十分です。

同じようなサービスを提供している強力なライバルが存在するかどうか

強力なライバルが存在する場合、彼らと同じことをしていては勝てません。昔からやっているということ自体大きな武器なので、新規参入者であるあなたは、大きなハンディを背負っています。そのハンディを覆すには、ライバルを上回る何かを用意する必要があります。

それはライバルが提供していないサービスを行うことかもしれませんし、対象とするお客さんを絞り込み『○○向けの専門サービス』といった特色を出すことかもしれません。はたまた、自分の売りを前面に出すことかもしれません。

答えは人それぞれですが、絶対に避けるべきことは価格で勝負することです。安さを売りにしたら、同業者も同じことをしてきます。この場合、負けるのは事業の土台がないあなたですし、最悪、共倒れという誰も得をしない結果になってしまうかもしれません。

安売り以外の何かで勝負するようにしましょう。それを考えるのはビジネスモデルを作るということです。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

メルマガ購読・解除

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1467

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:増井瞳 テーマ:士業のための WordPress&「Genius」解説 内容:いまや使…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る