人事コンサルタントが変わる!

企業に入るときや自分を表現するときに「士業」で入ってしまうと、もうそこから下手すると業者扱い、値段でしかみない、ということになってしまいます。

基本的に資格起業家、コンセプト起業というのは自由なわけなんですが、とりあえず馴染みがいいというか始めやすいスタンスなのが「コンサルタント」というスタンスです。

コンサルタントもいろいろなタイプがありますが、普通に考えれば、経営・マーケティング系の売上伸ばすタイプか人事・評価制度などの人に関するタイプ、そして財務や資金繰りなどお金に関するタイプに大別できるでしょう。

基本的に企業の悩みは、お金・資金繰りに関すること、売上を伸ばすこと、そして人に関することです。ですので、変わったことをしなければ、この3つの分野の中でどこに強みを持っていくか、ということを考えていくわけですが、企業の緊急度としては次の通りです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る