士業者として働き始めるためにはお金がかかる

士業者として独立しようとする場合、何かとお金がかかるものですが、職種によっては士業として働き始めるにもお金が必要となるものがあります。その金額は様々ですが、数十万円という単位で必要となるケースもあるので要注意です。

士業として開業する時に発生する費用

たとえば、社労士として活動しようと思ったら、全国社会保険労務士会連合会に登録しなければいけません。ここで登録料が発生します。また、登録時には地元の社労士会に入会することが求められます。これは社会保険労務士法で決まっている義務であり、避けて通ることはできませんが、ここで入会金と年会費が発生します。

これらトータルで登録時に開業社労士の場合20万円程度、勤務社労士の場合15万円程度の費用が発生します。また、年会費はその後も毎年おさめる必要がありますが、開業社労士が約10万円、勤務社労士が約5万円と、それなりの額になります。

税理士や行政書士といった職業も同様です。決して安くはない金額なので、事前にこれだけかかるということを頭に入れておかなければいけません。

登録料は開業したての士業者にとって大きな負担

独立・開業する人はある程度、自己資金を用意して始めると思いますが、多くても300万円といったところだと思います。

そのなかで登録料・年会費に数十万円払わなければいけないというのは痛い出費です。開業当初は、資金面で大きな負担となります。しかし、士業者として開業するには、避けて通ることは出来ない費用です。事前に考慮したうえで計画を立てるようにしましょう。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1482

定例セミナー配信予告

  1. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…
  3. 講師:横須賀輝尚・高金大輝 テーマ:士業マーケティング2019+2020 横須賀輝尚×高金大輝 …

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る