BtoC(例:相続)ビジネスの考え方

今日の本題ですが、BtoC系の営業の考え方についてです。Cなので、いわば個人、消費者向け。士業でいえば、相続とか遺言とかという仕事です。

BtoBの仕事との大きな違いは、顧客リストを見つけにくいということ。企業リストの入手はさほど難しくないので、セミナーやDM送付はそれほど難しいものではありません。支払い能力も、個人よりは高く、高額なコンサルティング契約なども見込めるのは当然企業向け。

とはいえ、相続や遺言を仕事にしたくてこの世界に入った人も多いでしょうから、今回はその考え方についてまとめておきます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る