法人について考えてみる

さて、法人化ですが、これはまず屋号と同じ考え方です。「横須賀輝尚事務所」であれば、横須賀輝尚が商品に見えてしまうので、結局それだと純粋な行政書士業務をするか、コンサルタントとしての活動になってしまうので、今の状況と変わらない。そこで、個人名の入らない事務所名(法人名)にする、というのがひとつの背景です。

行政書士法人にしなくても、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1483

定例セミナー配信予告

  1. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…
  3. 講師:横須賀輝尚・高金大輝 テーマ:士業マーケティング2019+2020 横須賀輝尚×高金大輝 …

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る