人を操る禁断の文章術 メンタリストDaiGo (著)

今回は、メンタリストDaiGoの「人を操る禁断の文章術」を紹介します。

実は私も文章の本を書くために企画を進めていますが、その中で編集担当の方から「横須賀さんが考えている文章の書き方と結構似ているところがあるので読んでみてください」といって勧められたのがこの本でした。

この本の良いところは、上手な文章を書きましょう、いい文章を書きましょうとは言っていないところです。私も同じ考えですが、文章というのはやはりわかる文章、伝わる文章であることが大前提です。

この本の中では「動かす文章」と書いていますが、例えば「この商品が良いですよ」ということが伝わったとしても、それだけでは「この商品って良い商品なんだ」と読者が思うだけで終わってしまいます。そうではなくて、その先の「じゃあ買ってみよう」というところまで思わせることが必要だというのが、この本で伝えていることです。

さらに「受け手が言われたいことを書くべき」ということも伝えています。ここも私と同じ考えのところで、基本的に文章というものは自分が言いたいことだけを書いても相手には伝わりませんし、当然それでは相手は動いてくれません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1471

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説③ 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る