スマホの中身も『遺品』です−デジタル相続入門(著)古田雄介

  • 2020年3月12日
  • スマホの中身も『遺品』です−デジタル相続入門(著)古田雄介 はコメントを受け付けていません。

今回ご紹介する本は、2020年1月10日に中公新書ラクレから発行された「スマホの中身も『遺品』です−デジタル相続入門」(古田雄介著)です。

デジタル遺品とは、TwitterやFacebookなどのSNSのアカウントや電話番号、そこにひもづいたLINEやスマホの中の電話帳データなどが該当します。相続では今後、「デジタル遺品の取り扱いをどうするか」がひとつの問題になってきます。

前提として、世の中には相続できるものとできないものがあります。例えば士業の資格は相続できませんが、これは一身専属のものだからです。本書ではSNSに関しては一身専属なので相続されないと書かれていますが、スマホの中に入っている情報は相続できるのか。こうした問題が出てくるのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1493

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る