投資しているのに、成果が出ないときは

世の中にある多くの商品、サービスが多額の設備投資、広告をして販売されています。設備投資や広告は、どこの会社も行うこと。

私たちのような小さな会社も同じように、広告などの投資をします。仮に広告などの投資をして、結果が出なかったとしましょう。その場合には、検証をします。例えば広告なら、

 ・なぜ、売れなかったのか
 ・何が悪かったのか
 ・時期はどうだったか
 ・コピーはどうだったか
 ・広告のデザインはどうだったか?
 ・広告媒体はどうだったか?

などです。

ここで、「あーこれが悪かったのかー」と悪い点が出れば良いのですが、問題は何も悪い点が見つからなかった場合です。 「一体何が悪いんだろう・・・」マーケティングは、様々な要素がからんできます。そのため、どう考えても売れる方法をやっても売れなくなることはあるのです。

その場合、ひとつは撤退する。これも重要。しかし、ある程度実証されている場合には、もうひとつ手段があります。それは耐えること。ある程度耐えて、様子を見るということは時に必要です。

例えば絶対の自信を持ってつくったサイトでも、売れない場合もあります。ただ、不思議なことに売れない月が不思議とあったりするものです。その場合には「耐える」のもひとつの選択。しかし、この「耐える」か「撤退」するかの見極めはなかなか難しいので、素人判断は怖いところです。耐えどきか?止めどきか?もしそういうシーンに出くわしたら、ぜひ考えてみてください。

(執筆:横須賀輝尚)

◎士業デザイナーズのご案内

士業デザイナーズ

士業向け経営スクール「天才塾」で蓄積したノウハウを活かしたデザインサービスです。実際に業務・顧問が取れたマーケティングノウハウを凝縮していますので、あなたの事務所売上向上に貢献できます。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る