行政書士として仕事を受注するための営業方法

どうやれば仕事をとっていけるのか? これは行政書士として開業するにあたって、最大の課題です。仕事がなければ当然収入も発生しないので、仕事を取ることは言うまでもなく死活問題です。多くの行政書士がここで悩み、売上を上げることができないでいます。一方で、仕事をがっちり取り、収入を増やしている人もいます。 いったい、その差はどこにあるのでしょうか?

行政書士として依頼を受けるには自分から積極的に動くこと

仕事を獲得するための方法論は色々ありますが、とにかく最も重要なことは自分から仕掛けることです。仕事は待っていても発生しません。

そこで重要なのが営業です。営業という言葉を聞くと嫌な気持ちになる人もいるかもしれません。苦手・出来れば避けたいという人もいるかもしれませんが、それではダメです。何もしなくても勝手に依頼がくるなんて言うのは、高い信頼と評価を得ているごく一部の人達だけです。

それは長年の積み重ねがあるからこそ出来ることであり、新米行政書士には出来ないことです。しかも、そういった仕事に困らないベテランほど、最初の頃は地道な営業をしているものです。行政書士として独立して成功したかったら、営業活動は必須です。

売り込むのではなく、行政書士の自分を知ってもらうことが営業

苦手意識がある人にとっては、ホッとする話かもしれませんが、営業といっても、それは仕事を依頼してもらうようにごり押しをしたり、売り込みをすることではありません。そんなことをしても、仕事はこないですし、悪評が広まって逆効果です。バリバリの営業の世界でも、出来る人ほどお客様の話をよく聞き、その人に合った商品やサービスを薦めます。薦める時もごり押しではなく、お客様が納得して購入する気になるように良さを客観的に伝えることに接します。

行政書士が扱う仕事というのは、業務内容がら売り込んで獲得出来るようなものではないので、そんなことをする必要はありません。安心してください。

営業として何をするのか?

最大の目的は自分という存在を知ってもらうことです。チラシ、広告、ポスティング、ホームページ、紹介など営業方法は様々ですが、ひとりでも多くの人に知ってもらうことで、仕事は生まれるものです。行政書士そのために努力をしなければ、間違いなく仕事は入ってきません。

、多くのご相談を受ける中で、『仕事がない』というほとんどの悩みは、『何も行動していない』というところからきているようです。嘆くよりまず行動。あなたもまずは何かしらアクションを起こしてください。アクションがなければ、結局仕事が発生する確率はゼロに等しくなります。お金をかけられないということであれば、異業種交流会に参加して多くの人と名刺交換をしたり、知人や友人に、自分が今、行政書士として活動していることを伝えることから始めてみましょう。こういった地道な努力が仕事につながります。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

メルマガ購読・解除

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1467

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:増井瞳 テーマ:士業のための WordPress&「Genius」解説 内容:いまや使…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る