ハガキは行政書士にとって大切なツール

行政書士として仕事の依頼を増やすには、地味な形で顔を広げていくことが重要となります。どんな仕事でも人脈というのは重要であり、その人脈を広げるための手段として1対1の地味なやりとりが、特に士業のような特殊な仕事においては効果を発揮します。

挨拶の葉書というのは行政書士にとっては欠かせないツール

1対1のコミュニケーションツールの一つがハガキです。出会った人、名刺交換をした人には、挨拶のハガキを出すようにしましょう。今ではハガキを受け取るケースが少なくなってきているので、それだけで相手に自分を深く印象付けることが出来ます。もちろん、こういったものを受け取って嫌に思う人はいないので、好印象ということになります。

ハガキを出しておけば、50~80人に一人ぐらいの割合で、将来につながるような人脈に育つ可能性があります。名刺交換のお礼にプラスして、自分のパーソナルな情報や相手の発展を願う言葉などを書いておけばいいでしょう。

ハガキを出すときには、タイミングが大切です。なるべく時間をおかずに送るようにしましょう。名刺交換をしてから3日以内に送るというふうにルール化しておくのが一番です。また、多くの人にハガキを出すようになると、誰に送ったのか分からなくなってしまいますので、エクセルなどで、管理表を作るのもいいでしょう。こういった地味なことを実践する人は、行政書士のなかでも少ないので、是非取り組んでみてください。特に、開業したてで何もすることが無い、時間があるという方の場合には必須です。

行政書士の営業をするのがNG

ハガキを出すというのは、人とのつながりを得るためです。仕事を得るためではないので、そこは注意してください。挨拶のハガキを出したことがキッカケで仕事を依頼される(紹介される)というケースもあり得ますが、これはあくまでも結果論と思ってください。

この前、初めて会ったという人から『仕事はありませんか』といった営業色の濃いハガキが送られてきたら、どうでしょうか? 間違い無く嫌な感じがするはずです。これでは、わざわざ手間暇をかけて悪い印象を残すようなものです。せっかくの縁を台無しにしてしまう行為です。

行政書士が扱う仕事というのは金額的にも大きなものですし、仕事内容も法律が絡む重大事ですから、お互いの信頼があって、初めて成り立つものです。言うまでもありませんが、信頼というのは時間をかけて育むものです。

対面で会うということに限っても、数回繰り返して初めて、仕事の取引が出来るようになるというぐらいに考えておいたほうがいいです。ハガキを出すというのは仕事をとるためではなく、行政書士としての自分を覚えてもらうためです。そこを勘違いしないようにしてください。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1467

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:増井瞳 テーマ:士業のための WordPress&「Genius」解説 内容:いまや使…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る