税理士はいつ開業したらいいのか?

税理士は若い方から年配の方まで、様々な方が受験され、資格を取っています。士業開業コンサルタントとして、たくさん受けるご相談の中で、最も多いのが「若いうちに開業して大丈夫か」、「高齢なのだが、やっていけるのか」といった「何歳で」「いつ開業したらいいのか」というものです。年齢というのは、やはり気になる要素なのでしょう。

年齢は関係ない

結論から言えば、年齢とビジネスはあまり関係がありません。若くして開業するケース、高齢で開業するケース、それぞれメリットとデメリットがあります。例えば、私は行政書士として23歳で独立開業しましたが、経験不足、若いという点で信頼感が不足するなどのデメリットがあった反面、体力がある、失敗してもやり直しが十分効く、年配の経営者にかわいがってもらえるといったメリットもたくさんありました。

これに対して、高齢での開業は健康面での不安などはあったとしても、人生経験、社会経験は豊富なわけですし、ビジネスマンとして培われた能力も高いでしょう。人脈もこれまでに形成したものがあるため、その部分は有利なわけです。

要は開業に適した時期ということはないということです。税理士に限ったことではありませんが、100パーセント完璧な状態で開業できるということはありえません。どんな状況であれ、メリット、デメリットがあります。

大切なことは、それらを的確に分析して、自分の強みを活かす戦略、弱みをカバーする戦略をキチンと立てることです。全てやり方次第です。

ただし、開業するとなると、それは経営者になるということです。経営者としての経験というのは経営者にならなければ体験出来ません。

経営者として最も大切なスキルは判断力、決断力と行動力ですが、雇用される立場では全ての責任を負う経営者というポジションの重圧を感じることは出来ません。つまりサラリーマン、ビジネスマンとしてどれだけ優秀であったとしても、経営者としての経験値は皆無であり、ゼロからのスタートというわけです。

そういった意味では社長業は何歳で始めても1年生から始まるわけであり、決断したら1日でも早く開業するのが望ましいと言えるでしょう。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る