すぐにアライアンスを組むには?

すごい人と組むには、自分がすごくなくてはなりません。基本的に、自分以下の人と組むのは簡単です。わかりやすく「以下」という表現をしていますが、これは実績、経営年数、マスコミ露出数、出版部数など、わかりやすい目安で勝っているということです。

逆に言えば、そういったすごい人に声をかけられて断る理由はほとんどないと思います。ある種「自分がすごくなる」ことが良いアライアンスを組むための正攻法です。ただ、これを待っていたらアライアンスは先の話になってしまいます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る