司法書士として開業する時には幾ら資金が必要?

司法書士として独立開業することを真剣に考え始めると、気になってくるのが開業資金です。

いったい、どれくらい用意すればいいのか?

こういった質問をする人は少なくないのですが、正直なところ、答えがないというのが答えです。

最低限、必要な司法書士開業資金

司法書士として活動するには、日本司法書士会連合会に備える司法書士名簿に登録しなければいけません。登録料に25000円がかかりますが、これはどうあっても必要なコストです。

ここを避けて通ることは出来ないので、必須の費用となりますが、正直なところ、それ以外には絶対に必要というコストは存在しません。

たとえば、自宅を事務所にすればオフィス代はかかりません。電話やパソコン、プリンター、文房具なども、自宅にあるものを使えば、新たに用意する必要はありません。

強いていえば、営業用の名刺を用意するための印刷代ぐらいでしょうか。(これも、その気になれば、自宅のプリンターで間に合います。)

こう考えると、開業コストは限りなくゼロに抑えることが出来ます。

ちなみに、仮に電話やパソコンといった設備を全てゼロから揃えるとしても、20~30万円も用意すれば間に合います。個人でも十分に用意出来る金額なので、開業資金について心配する必要は殆どないと言えます。

銀行から借金をしてといった資金繰りを気にする必要は、まずないでしょう。

重視すべきは司法書士として軌道に乗るまでの生活費

それよりも重要なことは生活費です。独立した時点で、既に仕事があるという人は気にする必要はありませんが、ゼロから営業をして顧客を獲得するという場合、すぐにうまくいくとは限りません。

顔つなぎをして、コミュニケーションを深めて信頼性を高めていって・・・といった地道な努力が求められますが、ある程度の時間がかかるのは避けられません。

その間は無収入ですから、それでも食べていけるだけのお金は必要です。最低、半年分、出来れば1年分ぐらいは用意したほうがいいでしょう。

そんなに貯めるのは大変と思う方もいるかもしれませんが、そういった人ほど貯めるべきです。

それぐらいのお金を貯められない人間が、独立してうまくいくことはありません。貯金をするには、もちろん仕事をして収入を得なければいけませんし、生活費を抑えて、お金を余らせなければいけません。

これって、経営の基本なので、ある意味、独立に備えた格好のトレーニングになります。

それから、貯金というのは心の余裕にもつながります。『あと1年は食べていける』と思える状態と、『1ヶ月以内に仕事を取らないと、家賃すら払えなくなってしまう』と焦りを感じる状態では、仕事のパフォーマンスが違ってきます。

正直、不安や焦りでいっぱいといった心境では、まともに仕事をすることは出来ないでしょう。また、そういった心理状態は態度にも出ますが、焦って落ち着きがないような人間に仕事を依頼する人はいないので、ますますドツボにはまります。

心の平静というのは、仕事で結果を出すうえで、非常に重要な要素です。余裕をもって仕事に取り組むためにも、ある程度の貯金は絶対に必要です。

司法書士として勤務しながら貯金する

司法書士の資格を取得したからといって、いきなり独立するのは無謀です。どこかの司法書士事務所に勤務出来れば、それが出発点としてはベストです。

実務の勉強も出来ますし、事務所の運営方法も学べます。収入を得ながら、独立して成功するために必要なスキルを身につけることが出来るのですから、一石二鳥です。

特に司法書士の場合、他の士業と違い、試験勉強では学べない知識がたくさんあります。それらは仕事をしてみないと学べないので、そういった意味でも、まずはどこからの事務所で修行するというのがオススメです。

先輩の司法書士とのつながりを持てるということで、人脈形成の一環にもなります。

フルタイム勤務が難しければ、他のバイトと掛け持ちしながら、週2日だけ働かせてもらうといったやりかたもアリです。経験を積んでスキルアップするのが目的なので、働く場を得ることを最重視しましょう。

こうやって準備を万端にしてから司法書士として独立するというのが、無理がないやりかたです。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る