士業の危機管理

仕事というのは、時としてリスクが生じることもあります。このあたりは『真面目に働いていれば大丈夫』といった奇麗事では済まされません。特に士業というのは法律が絡むことが多いという仕事の性質上、些細なことが大きなトラブルに発展する可能性があります。

開業して自分がトップとして活動している人であれば、結果に対する全ての責任が自分にきますから尚更です。

危機管理

士業が直面する一例として、社労士が扱う助成金の申請をあげてみます。助成金制度は返済不要の資金ですから事業主からすれば、ぜひとも利用したい制度です。

しかし、この制度を悪用して不正に受給しようとする人間は後をたちません。既に廃止されたある制度では、書類偽造等の不正受給の金額は数十億円になったそうです。また、最初から不正しようと考えていたのではないが、知識不足や認識の甘さから結果的に不正行為を犯すことになってしまったというケースも多々あります。

このとき、社労士が申請業務を代行していた場合、知らなかったでは済まされません。たとえ、過失であったとしても、状況によっては不正申請の幇助をおこなったとして処罰される可能性が大です。こうなれば、資格を喪失することにもなります。

申請内容におかしな点がないか事前にチェックしたり、事業主とのやりとりの履歴を残しておくといった対策を講じて、自分自身がトラブルに巻き込まれないようにする必要があります。もちろん、不正の片棒を担ぐようなことをにおわされた時は、断固として拒否しなければいけません。

これが危機管理ということになりますが、とても重要なことです。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る