日常業務が忙しすぎる場合の打開法とは?

社長でも所長でも、小さな会社の場合は、社長自らが営業をし、計画を立て、マネジメントをします。そういう意味では本当に「忙殺」されるのがトップです。しかしながら、ただ仕事をしている間は「現状維持」に過ぎず、相当うまいマーケティングを組んでいない限り、売上は伸びません。
(広告をうまくつかって、営業が自動化していれば別です)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ .
会員登録はお済みですか? 会員について

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る