「講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本」大谷由里子

  • 2016年10月18日
  • 「講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本」大谷由里子 はコメントを受け付けていません。

横須賀輝尚お勧めポイント:
そのままタイトルのとおり。私がセミナーなどでお伝えしている「エピソード単位」で話すというのは、こういうこと。「話が面白い!」と言われるためには、一度読んでおきたいです。有名講師も結構この本、読んでます。

71jmorawygl

内容紹介
できる講師、感動させる講師、人を動かす講師に大切なのは「台本づくり」。 これが、著者の大谷由里子先生の講師としての哲学だそうです。 年間1億円を超えるオファーがあり、年間300回以上もの講演に全国を飛び回っている大谷先生だからこその、説得力が随所に感じられる1冊です。 付属のDVDは、なんと大谷先生の実際の講演映像です! 「台本づくりをして講演にのぞむ」ことの大切さが、映像でもわかります。

<付属DVDの収録内容>
収録時間:約83分
収録内容:大谷由里子先生の実際に講演したときの様子を編集して収録 「読む」→「書く」→「観る」で、講師としての実力が身につきます!

出版社からのコメント
できる講師、感動させる講師、人を動かす講師に大切なのは「台本づくり」。

これが、著者の大谷由里子先生の講師としての哲学だそうです。
年間1億円を超えるオファーがあり、年間300回以上もの講演に全国を飛び回っている大谷先生だからこその、説得力が随所に感じられる1冊です。
付属のDVDは、なんと大谷先生の実際の講演映像です!
「台本づくりをして講演にのぞむ」ことの大切さが、映像でもわかります。
「読む」→「書く」→「観る」で、講師としての実力が身につきます! –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)
人を惹きつける話し方は、「台本づくり」で9割決まる!年1億円、年300回以上の人気講師に学ぶ講演台本のつくり方。

著者について
大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

1963年、奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを努め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売り出し、注目を集める。結婚退社後、91年に企画会社を設立。98年には、吉本興業とジョイントし「よしもとリーダーズカレッジ」を立ち上げる。2003年3月、研修会社の志縁塾を設立。2010年2月、経済産業省・神戸学院大学を中心とする「ユニバーサルサービス・アドバイザー養成研修」にて、未来の講師を育てる役割を担う。2010年8月には、TSUTAYAビジネスカレッジ<第1回>講師オーディションにて講師の育成と、審査委員長を務めた。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュースするかたわら、自らもプレゼンターとして、全国での講演・研修を精力的に行なっている。地域活性や人材活性、企業活性の活動のほか、執筆、新聞・テレビラジオなどでも活躍中。 また、「志のある人を世に紹介したい」という思いから「忘れられない講師になる! 【講師塾】」を主催。年間1億円のオファーに応える大谷流の講演・研修ノウハウを公開している。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大谷由里子

1963年・奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーなどを務めた。2003年、研修会社の志縁塾(しえんじゅく)を設立。現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュースするかたわら、自らもプレゼンターとして、全国での講演・研修を精力的に行なっている。地域活性や人材活性、企業活性の活動のほか、執筆、新聞・テレビ・ラジオなどでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る