差別化をすることが、行政書士としての成功につながる

行政書士に限ったことではありませんが、ビジネスで成功する場合、『差別化』という視点は重要です。差別化というのは、他の同業者には無い、自分だけのウリです。自分だけのウリがあるだけで目立てるので、結果的にお客さんも集めやすくなります。

行政書士としてのウリを作ることは難しくない

ウリといっても、あまり難しく考える必要はありません。同業者をみて、『もっと、こんなことをすればいいのに』というようなことを一つ探して、自分は実行してみるというようなことでも構いません。あとは、そのこと=自分は他の同業者がやらないことをしているという事実を伝えるようにすればいいだけです。また、『同業者がやらないこと』ということ自体も、決して難しく考える必要はありません。親切に対応するとか、笑顔を絶やさないということでも構いません。基本的なことですが、こういったことも重要ですし、出来ない行政書士は少なくありません。

行政書士の業務内容というのは決まってくるので、差別化という点では難しい面もあります。しかし、多くの人が同じように難しいと考えて工夫する努力を忘れているので、あなたが実行すれば、すぐにライバルを追い抜くことができます。いきなりすぐに差別化のポイントがみつかることは無いかもしれませんが、常に探しだすという意志を持っておくようにしましょう。

行政書士の業務で差別化を図る場合には

もし業務で差別化を図る場合には、自分の得意分野を作ることです。現時点で、こんな業務が得意ということがあれば、それを磨くことに専念します。何もなければ、狙いを定めて、これから作りあげていきます。

注意点としては、決して短期的な目線で考えないことです。同業者に差をつけるだけの実力をつけなければいけないのですから、そう簡単なことではありません。2~3年ぐらいかけてという目線で考えたほうがいいです。結果的に数ヶ月の経験で、自分のウリとなるぐらいのスキルが身に付くということも十分に考えられますが、スキルアップは焦らずじっくり取り組んだほうがいいので、長期的な計画を立てたほうがいいです。最後に、ウリとなる業務を決める時には、難易度が高い業務ほど狙い目という視点も持ってください。

たとえば、行政書士の代表的な業務の一つである会社設立代行というのは、難易度としては低いものです。正直、行政書士であれば誰でも出来ますが、こうなると能力で差別化を図ることは厳しくなります。一方、産業廃棄物処理業許可の申請業務などは、試験では殆ど扱われないため、十分な知識を持っている人間は、それほど存在しません。従って、あなたが業務を行えるだけの知識と経験を身につければ武器になるということです。

他の行政書士が真似をしようとしたとしても、そう簡単ではないので、仕事としては安泰するというわけです。自分のウリを探すときには、こんな視点を持って考えることをオススメします。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る