ざっくばらんな事業計画を立てる:単価x請負数

これから行政書士として開業するということであれば、漠然としたものであっても、これぐらいの収入は欲しいというものがあるはずです。また、その収入を得るために、行政書士として、どんな仕事をしていくのかというプランもあるでしょう。

そこで実行すべきことは、そのプランで、本当に自分が目標とする収入を達成することができるかどうか確認することです。

行政書士の収入見込み算出方法

具体的には、1件あたりの報酬単価を出して、目標収入を達成するには、どれくらいの仕事を請け負えばいいのかという数字を算出します。

報酬単価については、行政書士連合会の報酬額統計調査を参考にするといいでしょう。
https://www.gyosei.or.jp/about/disclosure/reward.html

ただし、報酬単価というのは地域差がありますので、調べる術があるようでしたら、自分の商圏の行政書士の単価を把握するようにしましょう。報酬単価が出れば、あとは簡単です。

たとえば、永住許可申請を主業務として活動するとします。上記の報酬額統計調査によれば、平均報酬単価は13万円です。目標収入額が毎月30万円とします。各種経費が20万円発生するとしたら、目標収入を達成するために必要な売上額は50万円です。毎月3件の永住許可申請を請け負うことが出来れば、達成可能な数字ということです。これが現実的なことなのかどうかということを考えます。

ちなみに目標収入というのは1ヶ月や2ヶ月達成したから良しというものではありません。あくまでも毎月達成してこそですから、継続的に可能なのかどうかという視点が重要です。

継続可能な目標の設定

永住の申請をするような人が、毎月それだけいるのかどうか?外国人が殆どいないような地域ではまず無理ですよね。また、永住というのは、かなりハードルが高いので申請者は少ないかもしれませんが、在留資格取得許可申請となれば、ハードルが少し下がります。在留資格取得許可申請の報酬単価は7万円。毎月7件の依頼を獲得出来れば目標達成となりますが、もしかしたら、こちらのほうが現実的かもしれません。

こんなふうにして考えるだけでも、だいぶ現実的なプランになります。もちろん、実際に行政書士として活動するときには、複数の業務を行うことになるでしょうから、トータルで考えることが大切です。かと言って、何でも屋ではダメなので、勝負する分野を決めて、そこに属する業務全体で考えてみましょう。

最後に、開業当初で何も分からない時期というのは、計算するといっても正直あてずっぽになってしまうと思います。でも、行政書士としての経験を積むと、感覚で正確な数字を推測出来るようになってきます。そうなれば、勝ちです!そこまでは経験を積むことが勝負なので、最初はとにかく続けることを重視してください。続ければ続けるほど、楽になってくるのが仕事です。数年も頑張っていれば、行政書士として相当のレベルに到達出来るはずです。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る