税理士としての危機管理

仕事というのは、時としてリスクが伴うものです。このあたりは『真面目に働いていれば大丈夫』といった奇麗事では済まされません。特に開業税理士として、自分がトップとして活動している人であれば、結果に対する全ての責任が自分に帰するため尚更です。

税理士の仕事上のリスク

税理士が直面する一例をあげれば、やはり税金対策です。企業であれ個人であれ、納税額は少しでも抑えたいというのが正直なところです。

そのため、節税対策を行うわけですが、『節税したい』という気持ちが強すぎると、時として法の範囲を逸脱してしまうこともあります。中小零細企業であれば、個人の支出を会社につけておくと誘惑にかられた経験がない経営者というのは殆どいないのではないでしょうか。

最初から不正しようと考えていたのではないが、知識不足や認識の甘さから結果的に不正行為を犯すことになってしまったというケースも多々あります。

このとき、税理士として的確に指摘できるかどうかというのが重要です。プロとして知らなかったでは済まされません。たとえ、過失であったとしても、状況によっては不正幇助ということで処罰される可能性もあります。こうなれば、資格を喪失することにもなります。

時として経営者から疎まれることもあるかもしれませんが、それも仕事のうちです。

あくまでも合法であることが前提

税理士というのは顧客の意図を実現できるようにサポートするのが仕事ですが、それはあくまでも合法であることが前提です。違法行為の手助けをするのはサポートでも何でもありません。

長期的視点でいえば、脱線しそうになる経営者を踏みとどませることも重要な仕事です。

相手が説得に応じないという場合、顧問契約を解除することを選択すべきです。

これが危機管理ということになりますが、専門家として活動するうえでは極めて重要なことです。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る