士業でダブルライセンスはあり?

社会保険労務士と行政書士というふうに、複数の資格を取って独立起業するという人は決して少なくありません。いわゆるダブルライセンスというものですが、この社労士と行政書士というふうに、仕事が密接に関係している資格を組み合わせれば、士業者としての価値を高めることができます。

ダブルライセンスで活躍している士業は多い

ダブルライセンスで活躍している人は珍しくなく、成功されている方も多数存在します。

また、行政書士試験に合格したら次は税理士、あるいはその逆のパターンを資格系の予備校などは「次の資格試験のステップ」として指導していることも多く、それもダブルライセンスがもてはやされる原因の一つとなっています。また、一つだけの資格では不安だからという理由からダブルライセンスを目指される方もいます。

一つの資格に専念するスタイルでも成功できますし、ダブルライセンスでも成功できます。

しかし、ダブルライセンスだからとって必ずしも有利とは限らない面もあります。資格が増えれば仕事の種類も増えるわけで効率は落ちますし、何よりお客様から見て仕事の内容がわかりにくくなるというデメリットもあります。

使い方によってはダブルライセンスは有効な手段となりますが、そのためには、それをどう活かすのかという明確な目的意識が必須です。最終的なゴールを描いてから資格取得を考えるのが無難でしょう。

たとえば、企業から税務の顧問契約を取るために、行政書士の資格を取得して格安で法人設立の代行業務を受注している税理士さんがいます。これは高度な営業戦略ですが、税理士と行政書士、この二つの資格を持っていなければ出来ないことなので、まさにダブルライセンスが活きているパターンとなります。

逆に、こういった形を作ることが出来なければ、単なる複数の資格を持つ便利な士業者で終わってしまいます。活かし方をキチンと考えることが重要です。

まずは一つの資格で一人前の士業者になることが先決

まだ、そこまでイメージが湧かないという人は、社労士であれ行政書士であれ、まずは一つの資格をとり、実務経験を積むことで、その業務に精通することを心がけましょう。実際に仕事として取り組むことで見えてくることもあるからです。

資格の勉強をしているよりは、資格を活用して稼ぐという経験を積むほうが役立ちます。特に実務経験が無い人、少ない人というのは、まずは場数を踏むことです。

それから資格の組み合わせを考えるといったことをしても十分間に合うでしょう。それが士業として成功するための最短プロセスです。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1482

定例セミナー配信予告

  1. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…
  3. 講師:横須賀輝尚・高金大輝 テーマ:士業マーケティング2019+2020 横須賀輝尚×高金大輝 …

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る