行政書士として開業して成功するための重要なステップ

行政書士に限らず、士業に多いのが『資格をとったけれど、そのあと、何をしたらいいのかわからない』という質問です。この質問については、『ごく普通の人が資格を取ってきちんと稼ぐ本』(インデックス・コミュニケーションズ)でも書きましたが、資格の依存型思考にやられてしまっているからこそ、生じるものです。

『資格さえあれば、どうにかなる』

こんな発想がなければ、本来こういった質問は出ないものです。自分自身の人生を委ねる質問ですから、これは自分で考えなければなりません。

行政書士として開業した後、何がしたいのか?

行政書士としていったい何をしたいのか?
どんな行政書士になりたいのか?
業務を通じて、何を実現したいのか?

いわゆる将来設計、ビジョンですが、 まずはこの点をしっかり考えてください。自分が目指すものが明確にならなければ、何をやるべきかという優先順位も決まりません。あなたがどういった内容の業務でどのくらいの売上を考え、またどのくらいの規模でビジネスをしたいのか、ぜひ考えてみてください。

行政書士として独立するということの意味を考える

これはそもそも論にもなってしまうのですが、自分にとって独立開業するということが何なのか、その意味も徹底的に考えるべきです。なぜ、独立なのか?どこかの事務所や企業で働くというスタイルではダメなのか?独立することが自分にとって、本当に理想的なのか?こういったことも真剣に考えるべきです。

安直に考えた結果であっても、真剣に考えた結果であっても、『独立・開業』という見た目は一緒です。ただし、そこにたどり着くまでに、どれだけ自分と会話を交わしたのかというのは、開業後に大きな影響を与えます。独立というのは、自分の人生を大きく変える極めて重要な決断です。本来、自分の生き方そのものに関わる事柄です。重要なことを安易に決断してしまうというのは危ういことですし、そういった人は諦めも速いものです。自分にとっての『独立することの意味』は明確にしておきましょう。真剣に考えて、その結果、独立するという決断を下したのであれば、次に『行政書士として何がしたいのか?』ということをじっくり考えましょう。

パソコンやファックスといった備品を用意したり、名刺を作成したりといったことは、そのあとの話です。と言うより、こういったことは正直、どうでもいいことです。たしかに、こういった準備も大切ではありますが、些細なことです。行政書士としての成功を左右するような重要事項ではありません。その前に考えるべきことがたくさんあるということです。そういったことに目を向けない限り、良い結果を残すことは出来ないでしょう。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1467

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:増井瞳 テーマ:士業のための WordPress&「Genius」解説 内容:いまや使…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る