行政書士業務を副業とするという選択肢は可能でしょうか?

行政書士の資格を取れば独立開業への道は開きやすいと言われます。しかし、何も経験もなくいきなり独立起業するのが怖いと感じられる方もいらっしゃるでしょう。その際に出てくる妥協案として「会社に勤めながら副業をする」というものがあります。こういったいわゆる「週末起業」的な開業(副業)は可能なのでしょうか。

副業は可能だが・・・

行政書士を副業でやれるかどうかということについて、結論を言えば、可能です。しかし、それほど思うような収入のアップは望めない可能性もあることは覚えておいてください。なぜかというと、行政書士の仕事は平日日中に役所を相手にすることが多く、土日と夜間にしか動けない場合、役所相手の手続きの仕事がしにくいので、大きな収益を上げることは難しいと言えます。また、お客様視点で見れば、専門家に依頼するなら、片手間でやっている副業行政書士よりは、本職に頼みたいと思うのが普通です。そういう意味では、お小遣い稼ぎ程度の副業は十分できますが、副業で大きな収益を出すことは簡単なことではないと言えるでしょう。

副業のメリットとしては収入の心配をせずに、行政書士業務を経験することが出来るということです。自分でお客を獲得して、業務をこなして納品するというのは、自分がトップとしてやらなければ経験出来ないことです。行政書士事務所にスタッフとして働くという経験では味わえないことです。こういった経験をして実力をつけることで、独立してもやっていけるようになります。ですから、副業は行政書士を本業として開業するための通過点として捉えるのがベストです。副業のままでは、あまりメリットは無いでしょう。副収入源を作りたいというのであれば、アルバイトなど、他の選択肢を取ることをオススメします。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

メルマガ購読・解除

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1467

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:増井瞳 テーマ:士業のための WordPress&「Genius」解説 内容:いまや使…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る