成功するために必要な行政書士としてのモチベーション管理術

行政書士に限ったことはでないですが、個人事業をしているとモチベーションの維持がとても重要になります。ともすれば、ビジネスはテクニックやマーケティングに注目が集まりがちですが、実のところ、マインドも極めて重要なのです。

行政書士は基本的にひとりではじめる場合が多いといえます。つまり、成功するにも失敗するにも自分次第なのです。

自分自身の精神状態がビジネスに与える影響はとても強く、この問題を軽視することはできません。 モチベーションが高く保たれている場合にはいいですが、売上が上がらないときなど、どうしてもモチベーションは下がってしまう傾向にあります。

もしモチベーションが下がってしまった場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

行政書士が出来る最も簡単なモチベーションをあげる方法

モチベーションを上げる方法には様々な方法がありますが、最も簡単で手っ取り早い方法が、人と会うことです。非常にシンプルな方法ですが、人と会って話すことはとてもモチベーションのアップに役立ちます。活発に動いている同業者やビジネス仲間と会えば、情報交換も出来ますし、気持ちが落ちていると正直に相談すれば、いいアドバイスをしてもらえるかもしれません。

お客様や見込み客に対して、近況伺いをすれば、それが新しい仕事につながるかもしれません。あなたが落ち込んでやる気が出なければ、誰かとアポイントをとってランチにでも出かけるのはどうでしょうか。 ひとりで滅入っているよりはよほど良いはずです。

セミナーや講演会に参加する

もし、スケジュールが合わず、直近で会えそうな人がいない場合には、セミナーや講演会などに参加してみましょう。前向きな人が集まる場所なので、良いエネルギーをもらえます。情報収集や人脈作りのチャンスでもあるので、一石二鳥です。

モチベーションが回復したら、感謝の気持ちを持って行政書士業務に復帰する

こうやってやる気が出てきたら、行政書士の仕事に戻ることになりますが、そのときには感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。そして、あなたの身の回りの人で、落ち込んでいる人がいたら、今度はその人を助けてあげましょう。

落ち込んでいる時は一人でじっくり考えたいという人もいるので、むやみやたらにおせっかいをやくこともありませんが、助けを求められた時には、快く応じてあげましょう。

そうやって自分が出来る範囲内で人の助けになることが、巡り巡って自分にも返ってきますし、日頃から、こういった心がけでいれば、人との関わりが増えるので、精神的に安定して、落ち込むこと自体が少なくなります。

行政書士だけに限ったことではありませんが、独立して自分で行うとなると、自分自身の心を管理することは非常に重要です。今はやりの言葉でいえばメンタルヘルスですが、日頃から、自分の心理状態に関心を向けるようにしましょう。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1467

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:増井瞳 テーマ:士業のための WordPress&「Genius」解説 内容:いまや使…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る