行政書士の仕事の流れってどんな感じ?

行政書士の仕事の流れは市販されている「行政書士になるには」などの本を見てもあまり実感がつかめないと思います。行政書士受験生の中には、「生の」行政書士を見たことがない方もいらっしゃるでしょう。普段生活している分には、行政書士という人に会うことは極めて少ないです。実際に私も、試験を受け、合格したあとも生の行政書士に会ったことはありませんでした。

では、実際に行政書士として活動をするとどういう流れで仕事がはじまるのでしょうか?

行政書士の仕事の流れ

行政書士の仕事は、まずお客様からの依頼によって発生します。知り合いの紹介、あるいはインターネットから営業ができる人はネットから、まずはお客様の依頼がなければ発生しません。この際に、すぐに依頼をするか、まずは相談からはじまるかはお客様次第です。実際に相談が始まれば、お客様が何で悩んでいるかをヒアリングし、どのような許認可、法律手続きが必要か聞いていきます。そしてお客様の依頼意思が確定すれば、いざ書類をつくることになります。

その後は書類を作成し、手続きによってはお客様に印鑑証明書をいただいたり、会社の登記簿謄本を用意したりして、手続きを進めます。最終的に手続きが官僚しましたら、そのことをお客様に報告。報酬をいただきます。報酬のやりとりは、ルールがありませんので、先にいただいても後払いでもかまいません。

こういった流れが行政書士のおおよその仕事の流れになります。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1467

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説② 内容:書籍「士業のための…
  2. 講師:横須賀輝尚 テーマ:士業のためのランディングページ執筆解説① 内容:書籍「士業のための…
  3. 講師:増井瞳 テーマ:士業のための WordPress&「Genius」解説 内容:いまや使…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る