行政書士業の補助者としての経験がないと独立はだめ?

補助者とは

行政書士がスタッフを雇用する際には「補助者」として雇用する方法と「事務員」として雇用する方法があります。補助者になるには、行政書士会に補助者登録をする必要がありますが、補助者になることによって、勤務先の行政書士事務所でよりアクティブに活動できるようになります。

行政書士で開業するにあたって、補助者経験がないと独立できないのかという質問も多数寄せられます。税理士や社労士のように、事務所での勤務経験が登録要件になっていれば、必ず務めなければなりませんが、行政書士の場合は補助者経験をしなくても独立開業は可能です。

確かに補助者として経験を積んでおけば、実際に開業した場合にも仕事の内容がわかり、有利であることは否めません。

しかしながら、現実問題として補助者経験が積める機会も少ないものです。多くの場合、行政書士はあまり補助者経験をしないまま開業する場合が多いようです。 実際に仕事の内容は役所に聞くことができますし、補助者経験は開業の絶対条件ではないといえます。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る