士業の知識を活かした、こんな仕事のしかた

士業の業務と言えば、手続きや書類作成の代行業務、相談・指導業務といったものが主要業務と見なされていますが、本来、専門性の高い職業であるため、その知識を活かすことで様々な形式の仕事を行うことができます。

そのなかでも取り組んでいる人が多いスタイルを幾つか、ご紹介します。

(1)講演

社労士であれば年金・保険、税理士であれば税務、行政書士であれば会社設立といったことをテーマにしたセミナーや講演の講師を務めるといったものです。企業や自治体、市民団体、銀行といったところから依頼されて行う形もあれば、自分自身で企画・集客する自主開催という形もあります。

自主開催セミナーというのは、やりかたを工夫すれば、顧客をみつける格好の営業ツールともなります。

(2)企業研修

社員教育の一環として企業が行う研修の講師を担当するというものです。その資格に関する専門知識をテーマにした研修もあれば、たとえば社労士が人事管理・リーダーシップに関する企業研修を行うといったような、専門知識をもとに業務上必要なスキルを教えるスタイルの研修もあります。

(3)受験指導

業種によっても差がありますが、士業というのはおしなべて難易度の高い資格試験のため、資格取得を目指す多くの受験生が予備校に通います。その予備校の講師を務めるという仕事です。レベルの高い人気講師であれば、かなりの収入になります。

本業以上の収入源となってしまい、講師業がメインとなる人も存在します。

(4)公的相談

公的機関や民間企業が一般者を対象に行う相談会・相談業務を請け負う仕事です。一例としては社労士が銀行などが開催する年金相談会の相談役となったり、弁護士が自治体の窓口で多重債務者の相談役となるようなケースがあります。

こういった相談会は開催する企業・機関にとっては重要な位置づけとなりますが、社員やスタッフが相談役を務めるには限界があるため、その分野に関する専門知識を持つプロに依頼するという構図です。

一度、こういった仕事が発生すれば、定期的に依頼がくることも珍しくなく、安定した収入源に育つ可能性があります。相談会に参加した人がお客さんになる可能性もあるので、そういった意味では営業ツールとも言えます。

以上が士業の知識を活かした仕事の形態です。上記のことは士業に関する書籍を読めば、必ず出てくるもので広く知られているものですが、ほかにもユニークな仕事をしている社労士がいます。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る