行政書士として収入を安定させるには

行政書士として収入を安定させるには、どうすればいいでしょうか?売上をあげる方法は色々あるのですが安定性ということを考えると、少額でもいいから定期的に一定額を払って頂けるようなお客さんを増やすことがベストです。たとえば顧問として契約をして、毎月顧問料を頂くというような形態です。(会計業務などは毎月、報酬を頂くというような契約がしやすい業務です。)

建設業であれば、営業年度報告といった業務がありますし、それ以外にも何らかの専門分野に関するコンサルティングといったことも出来ます。あるいは、本人の実力次第では、経営コンサルティングといったことも可能でしょう。

行政書士として成功するためには長期的視点で売上を目指すこと

全て努力次第の話となるのですが、行政書士としてお客さんを獲得しようと思えば、いずれにしても努力はしなければいけません。その努力をするときに、こういった視点を取り入れることで、より長期的な見通しが立つ結果を得やすくなります。ビジネス経験が少ない独立当初の時期というのは、とかく売上高に目がいきがちです。

しかし、本当に重要なことは絶対額ではなく、安定性です。まずは、安定して収入を確保できる基盤を作る。このことを重視してください。売上高を追い求めるのは、その後で遅くありません。

行政書士業務以外の仕事にも目を向ける

事業基盤を考える時、行政書士という枠から離れて考えてみるのも重要です。行政書士だからといって、行政書士の仕事だけをしなければいけないという決まりはありません。お客さんが喜んで、お金を出すことであれば、何でも仕事になります。

そんな考えのもとに発想を膨らませると、いいアイデアが浮かぶかもしれません。行政書士の業務というのは狭い範囲に絞られています。そのなかで深く突っ込んでいくというのも重要ですが、全く違うフィールドのプラスαをくっつけるという発想もアリです。

もう、資格だけでは食べていけない

○無料メルマガ「もう、資格だけでは食べていけない」のご案内
現在、経営天才塾では主宰の横須賀輝尚のメールマガジンを無料で配信しております。この機会にぜひご登録ください。

「もう、資格だけでは食べていけない」など累計20冊14万部を超える日本一の資格コンサルタント、士業向け経営スクール経営天才塾主宰横須賀輝尚の士業向け公式メルマガ。2007年から10年間、全国1600名以上の士業の相談に答え続けている。その回答数は2万件以上。本メルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。バックナンバーは非公開となりますので、お早めにご登録ください。

まぐまぐ!「もう、資格だけでは食べていけない」

こちらのメルマガでは、天才塾で相談された事例を中心に、行政書士、社労士、税理士、司法書士、弁護士、弁理士等の士業・資格業の営業ノウハウをFAQの形を通じて週1回配信いたします。
バックナンバーは一般公開しておりませんので、お早めにご登録ください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

全記事数更新中!

1496

定例セミナー配信予告

  1. 講師:横須賀輝尚 テーマ:未来の相続業務と相続・遺言の絶対領域の作り方 内容: 4月17日…
  2. 講師:高金大輝 テーマ:最新リスティング広告動向と、最新成功事例解説 内容: 常に変化を遂…
  3. 講師:横須賀輝尚 テーマ:提携業務の未来予測と業務のシフトチェンジについて 内容: 現在の…

定例セミナー動画

ページ上部へ戻る